ショコぶ ~Share of co life's blog~

お役立ち情報やお客様の声を集めた 家事代行サービス「ショコラ」 のブログ

*

今年こそカビとサヨナラ! 梅雨時の「カビ予防法」

   

雨に濡れて咲く紫陽花はなかなか風情がありますが、ジメジメ空気の梅雨はやはり気が重いものです。

特に、温度や湿度が急上昇するこの時季は、毎年私たちを悩ませるカビが最も発生しやすい時季。

カビとサヨナラしたいなら、何よりも大切なのは、まず「カビを発生させないこと」です。

 

お風呂場などにあらわれる黒いポツポツは、「汚れ」ではなく、「カビ」。

お風呂場のタイルの目地やドアのパッキンの黒いポツポツ。

「お風呂用洗剤で落とそうとこすってみても、なかなか落ちない!?」

そんな経験、どなたでも一度はあるのでは?

実は、その黒いポツポツの正体は「汚れ」ではなく「カビ」。

頑張って、なんとか表面の黒いポツポツをこそげ落としてみても、菌が奥まで入り込んでいると、同じ場所に再びカビが発生!?

…なんていうことにもなりかねません。

大切なのは、まず、カビを発生させないこと。

今日からすぐにできる予防法をご紹介しましょう。

 

「カビ予防」のポイントは、カビが発生しにくい環境をつくること。

カビが発生するための必要条件は、「湿気」と「栄養」。

まずは、その2つをシャットアウトすることが大切です。

  • 窓を開けて換気をする

窓は2カ所以上を開け、空気の入口と出口をつくってあげましょう。

1カ所しか窓を開けられないときは、サッシを真ん中に寄せ、窓の両側が開くようにして、空気の入口と出口をつくります。

  • 換気扇を回す

お風呂場は24時間、換気扇を回しておくのがおすすめ。

リビングやキッチンも、窓を開け、さらに換気扇を回すと、空気の流れができて、湿気が溜まりにくくなります。

  • 水気を残さない

お風呂場や洗面所など水回りをお掃除したら、最後はから拭きで仕上げます。

湯船にお湯を残すときは、必ずフタをするようにしましょう。

  • カビに栄養を与えない

自然に発生するホコリや落ちた髪の毛、調理の際に出る食品カスや、お風呂場などの石鹸カス。

どれもが、カビの栄養源になってしまいます。

それらをすべて取り除くことが理想です。

 

[ショコラからのひと言]

「カビ予防法」をご紹介しましたが、すべてをきちんと行っているつもりでも、温度や湿度の関係で、カビは発生してしまうことがあります。

また、家事や育児、お仕事などで、そこまでお掃除に時間をかけられない、という方も少なくないでしょう。

でも、大丈夫。

「カビ予防」のお掃除も、ぜひ、ショコラにおまかせください!

普段は気づきにくい汚れまで細かくチェックしながら、「カビ予防」のお掃除を、丁寧に行います。

さあ、本格的な梅雨シーズンが始まる前にショコラのサービスをご利用して、今年こそしっかり「カビ予防」をしましょう!

 

\お申込みはこちらから♪/
ショコラのお申込みはこちらから!

 - おそうじの知恵袋