ショコぶ ~Share of co life's blog~

お役立ち情報やお客様の声を集めた 家事代行サービス「ショコラ」 のブログ

*

「他人の6倍速で生きていたい。」 ハイパフォーマー・油谷大希の私生活に迫る!

      2018/02/23

2018 号外(1)
ショコラを運営するパーソルグループには、ダブルジョブという制度があり、

他の部署ではたらく若手スタッフが、別の部署の仕事にチャレンジできます。
今回のブログでは、ダブルジョブ特別企画『ショコラ愛用者インタビュー』をお届けします。

マネージャーのお宅訪問!その1

「他人の6倍速で生きていたい。」 ハイパフォーマー・油谷大希の私生活に迫る!

仕事に飲み会、ダンスに飲み会…普段の生活がまるで見えない油谷さん。

優れたアウトプットを生み出す秘訣は、皆が欠かせない“あれ”をアウトソースすることにあった…

油谷さんの仕事観、そしてそれを支える存在とは…?

「 “掃除しなくちゃ!”と思っている時間すらもったいない。」
「その時間があったらネットワークをひとつ作ることができる。」

%e6%b2%b9%e8%b0%b7%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a0

時間の効率性を訴える油谷さん。福利厚生のショコラを利用し、今まで掃除に費やしていた時間を他のことに活用している。
1回4500円、飲み会1回分の値段で、油谷さんにとって貴重な「時間」を得られるのだ。

確かに、家事なんて自分でやろうと思えば自分でできる。

しかし、ショコラを利用することでガラケーからスマホに変えたときのような、
わざわざお金に換えてでも得たいと思える便利さに感動したのであった。

「少しの時間も無駄にしたくない。他人の6倍速で生きていたい。」

時間を効率的に使うことが、油谷さんの成功の鍵なのかもしれない。

まるで第二の母!?恋人よりも大切なショコラスタッフ

「ショコラは掃除機をかけるだけ」そう思っている人も多いだろう。しかし、それは誤解である。
利用日の前夜に書置きを残し、溜まったシャツはクリーニング屋に出してきてもらうよう、依頼をしているそうだ。

専任スタッフの対応はきめ細かく、帰ってきた油谷さんが見やすいよう、溜まった郵便物も、仕分けしてくれているとか。
まるで第二の母のように、ショコラスタッフが忙しい油谷さんの私生活を支えていたのだ。

「家に帰りたくない」そんな部屋がショコラによってホテル並みに生まれ変わる…?!

ショコラを利用したきっかけは「部屋が足の踏み場もないくらいに汚かったから(笑)」。

ショコラではトイレやお風呂などの水回りを中心に部屋全体を依頼。水垢一つ残さない。
お陰でショコラを利用した後は家中がホテルのようにピカピカになった。

%e6%b2%b9%e8%b0%b7%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a2

「家に帰りたくない。だったら外でオールしたい。」
そんな部屋が今では心地良い空間となり、油谷さんの輝かしい功績の源となっている。

 

\スペシャルクーポンもお忘れなく♪/
ショコラのお申込みはこちらから!

 - ご利用者様の声