KLab株式会社
従業員人数:544名(2016年3月末現在)
男女比(男性:女性):非公開
平均年齢:31歳
写真

日本だけでなく、海外へもモバイルオンラインゲームを提供し、数々のヒットタイトルを生み出しているKLab株式会社。 会社自体が社員間のコミュニケーションを大事にしているため、福利厚生もコミュニケーションを促進するようなものが多かったという。 今回、ショコラを導入したきっかけとは?実際、利用した社員の声とは?
福利厚生を担当されている経営管理部総務グループの中村様、飯島様にお話を伺いました。

ショコラを通じて描く、 従業員への想いとは

写真

福利厚生の選択肢を増やすことによって、企業の魅力をアップし、直接・間接的に従業員満足度の向上に繋がれば、と考えました

今までの福利厚生は、健康関連やコミュニケーションを促進させるような活動等への補助金がメインでした。今回は、従業員の生活支援という側面からの福利厚生としてショコラを導入しました。
いろいろな福利厚生を導入することで、福利厚生の選択肢が増えて、企業の魅力がアップすると考えます。それにより、従業員の満足度もアップさせられるのではないかと思うんです。例えば、ショコラのサービスを利用することにより、休日に少しだけ時間の余裕ができます。その時間でカフェにブランチに行ってなんとなく優雅な気分に浸れるとか。
また、本来、福利厚生は従業員が受けるものですが、ショコラは家族も利用することができます。例えば、これでお母さんや奥さんが少し楽になって、あなた、いい会社で働いているわね、と。そういう好循環にもなるのかな、と。
社員を支えてくれている家族の方々への間接的なサービスということもできますよね。

正直なことを言うと、最初にショコラの話を聞いたときは、利用するには少しハードルが高いかなと思いました。家事代行サービスというと高級なイメージがありますし、実際、一人暮らしの自分が使用するかと考えると、そこまで必要性は感じないかなと。自分の生活を考えると、少し遠いところにあるサービスなのかなと思っていました。

でもショコラは家事代行サービスとしては価格が非常に安く、実際に利用している人の声を聞いたり、自分が使ってみて、決してお金持ちの人たちのためにあるサービスというのではなく、これこそ働く人のためにあるもので、福利厚生にとても良い!と思い、導入に踏み切ったんです。

実際に体験することで感じた 魅力と効果

写真

「単純にすごくキレイになる」だけでなく、 メンタル的にも非常に良いサービス!

実際自分が利用して、とにかくすごい良かったです。家がピカピカになりました。仕事で帰りが遅くなる日が続くと、気が付けば家の中がカオス、とかいうことがたまにあります。
疲れて帰ってきても部屋が汚いと、個人的にはストレスを感じるんですよね。部屋に帰っても心が休まりません。でもキレイな部屋であればストレスなくリラックスできるし、何より気持ちがいいんです。メンタル的にも利用して良かったなと思いました。

ショコラを利用すると本当に部屋がキレイになるんです。1ヶ月に一回は利用して、自分がなかなか掃除できないところをお願いして部屋全体をキレイに保ち続けたいです。

しかも掃除をしっかりやるという、とっても良いきっかけにもなるんです。掃除の仕方を教わりながら、自分は違う部屋をやって、という利用の仕方をした従業員もいます。

「満足度の向上」を 目指すために

写真

今後はさらに利用者を増やし、目的である従業員の満足度、家族の満足度を上げていきたい

総務の仕事のいち側面の中に、従業員へのサービス業というものがあると思います。私たちは、業務改善であったり、福利厚生であったり、職場環境の整備であったり、色々な角度からアプローチを行い、従業員の満足度を上げていくことを目指しています。
そのサービスのうちのひとつとして、ショコラがあるよ、というのを周知していきたいです。

日頃頑張っている自分へのご褒美や家族へのプレゼントに、とても良いサービスなのでどんどん利用者を広げていこうと思います!

ショコラへの要望

まずはエリアの拡充をお願いしたい!

さらに言えば、家庭の味が食べられるようにお料理してくれるとか、子どもがいる従業員には、休みの日に子どもをみてもらって、夫婦でデートに行く時間や趣味の時間を提供できるようベビーシッターのサービスがあると嬉しいですね。

ショコラの解答

ご要望ありがとうございます。現在は関東圏での掃除を中心としたサービスですが、準備が整い次第、中部、関西地方からエリアを拡大し、またお掃除以外のサービスメニューに関しても、ご要望を元に順次リリースしていきたいと思っています。ショコラをご利用できる地域がより増え、掃除以外にも働く人を手助けができるようにこれからもサービスを改善して参ります。

導入のご相談はこちら